大航海時代メルカトルの地球儀|アンティーク地球儀

ロゴイメージ

1541年 メルカトルのアンティーク地球儀

画像

大航海時代。アフリカ大陸の南端を回るインドへの航路の開拓や、アメリカ大陸の発見。
加えてマゼラン一行による史上初の世界一周航海。
歴史的な大発見がつづくさなかに、作られた地球儀の復元品です。

地球儀の製作者は、航海用の地図の図法であまりにも有名なメルカトル図法の考案者、ゲラルドゥス・メルカトル。
そのメルカトルが1538年に製作した世界地図に基づき、1541年に製作した地球儀の復元品です。
これらの世界地図、地球儀は、北アメリカ、南アメリカという地名を最も早く取り入れたものの1つです。
この地球儀では北アメリカ大陸とアジアが別々の大陸となっていますが、ベーリング海峡が発見されたのは1648年。 この地球儀が製作されてから100年以上も経過してからでした。

メルカトルの時代、マゼラン一行の世界一周の成功により、ようやく地球の真の大きさのおぼろげながらつかめた中での地球儀。当時の人たちの情熱、苦労が伝わってくるようです。
現在、地球上には発見されていないものはない、といわれる時代、大航海時代の地球儀は、「大いなる発展途上」を感じることができ、なんともいえない充実感を与えてくれることでしょう。 このレトロな地球儀は、本体の大きさが20cmと手ごろであり、アンティークなお部屋、お店のインテリアにおいて、しっかりとその存在感を示してくれることでしょう。

メルカトルのアンティーク地球儀 商品仕様

  • 地球儀球径   :20cm
  • 全高      :28cm
  • 全幅      :30cm
  • 重さ      :1.8kg
  • 台座      :木製
  • フレーム    :全周鋳造品
  • 山岳立体突起加工:なし
  • イルミネーション:なし

画像

商品番号【OW-0004】
メルカトルのアンティーク地球儀

通販価格:37,000円

(送料、消費税、その他経由すべて込み)



Page Top

更新情報
地球儀まめ知識

メニュー

カテゴリー

デスクトップ式地球儀 床置き式地球儀 地球儀価格一覧

球径サイズ別

球径10~20cm球径30cm 球径33-40cm

ブランド別

リプルーグル フランク・ロイド・ライト ナショナルジェオグラフィック ステラノヴァ ムーヴァ その他

特 徴 別

山岳部立体突起 中世~近代の地球儀 自転する地球儀 浮遊地球儀 水晶地球儀





掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。