17世紀 ホンディウスの地球儀|アンティーク地球儀

ロゴイメージ

1627年 ホンディウスのアンティーク地球儀

画像

16世紀後半から17世紀の初頭にかけて活躍したホンディウスによる地球儀の復元品です。
この時代、大航海時代における新大陸や新航路の発見により、ヨーロッパ諸国とアジア、アメリカ大陸との交易は盛んになりつつあり、また各地での探検により、世界地図の精度は年々向上していきました。

ホンディウスの地球儀においては、ヨーロッパ、アフリカ大陸、インドを周辺のアジア、そしてアメリカ大陸の西海岸側については、かなり地形も正確に描かれていますが、それ以外の地域においては、まだまだ探検事例が少なく、想像で描かれているところも少なくありません。

例えばアメリカ大陸の北西部。この時代はまだアラスカとユーラシア大陸の境界であるベーリング海峡は発見されておらず、アメリカ大陸とユーラシア大陸が陸続きになっているのかどうか、確認できていませんでした。

また、この時代、オーストラリア大陸にもヨーロッパ人はまだ本格的に到達していませんでした。 ホンディウスのアンティーク地球儀からは、そんな時代を読み取ることができるでしょう。

ホンディウスのアンティーク地球儀 商品仕様

  • 地球儀球径   :30cm
  • 全高      :60cm
  • 最大幅     :33cm
  • 重さ      :1.6kg
  • 台座      :木製
  • フレーム    :緯度目盛付きアンティーク調 鋳造品
  • 山岳立体突起加工:なし
  • イルミネーション:なし

画像

商品番号【OW-0005】
ホンディウスのアンティーク地球儀

通販価格:59,800円

(送料、消費税、その他経由すべて込み)



Page Top

更新情報
地球儀まめ知識

メニュー

カテゴリー

デスクトップ式地球儀 床置き式地球儀 地球儀価格一覧

球径サイズ別

球径10~20cm球径30cm 球径33-40cm

ブランド別

リプルーグル フランク・ロイド・ライト ナショナルジェオグラフィック ステラノヴァ ムーヴァ その他

特 徴 別

山岳部立体突起 中世~近代の地球儀 自転する地球儀 浮遊地球儀 水晶地球儀





掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。