国連旗はなぜ北極が中心なのか? 地球儀専門店|世界の地球儀ドットコム 世界の地球儀ドットコム

地球儀通販専門店-世界の地球儀ドットコム-

ロゴイメージ

国連旗はなぜ北極が中心なのか?

国連旗は青地に白で染め抜かれた世界地図をオリーブの葉で囲むデザインになっています。

ところが旗に描かれた世界地図を見ると、北極を中心としていることがわかります。

世界平和を掲げているにも関わらず、これでは北半球の国々を優先していると誤解されかねません。

世界地図がなぜこのようなデザインとなったのか?

それはこの国連旗が採択された時代背景にあるといえるでしょう。

国連旗が採択されたのは1947年。

すでに米ソ冷戦が始まっていたため、平面図とした場合、アメリカとソ連、どちらが大きく見えるかがもめる可能性がありました。

例えばメルカトル図法で描かれた世界地図だと、高緯度に領土を持つソ連の方が、アメリカよりも大きく見えることでしょう。

北極からの鳥瞰図とした場合、このような問題は発生しないので、米ソ冷戦が1日も早終結してほしい、という願いがこめられ、このようなデザインになったといわれています。

 

国連旗の世界地図は北極を中心としてはいますが、南緯も60度までカバーし、南アメリカ大陸の南端までしっかりと描かれています。

記事一覧はこちらから



世界の地球儀ドットコムホーム


地球儀まめ知識

メニュー

カテゴリー

デスクトップ式地球儀 床置き式地球儀

球径サイズ別

球径10~20cm球径30cm 球径33-40cm

ブランド別

リプルーグル フランク・ロイド・ライト ナショナルジェオグラフィック ステラノヴァ ムーヴァ その他

特 徴 別

山岳部立体突起 中世~近代の地球儀 自転する地球儀 浮遊地球儀 水晶地球儀






掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。