東京、ロンドン間の飛行ルート 地球儀専門店|世界の地球儀ドットコム 世界の地球儀ドットコム

地球儀通販専門店-世界の地球儀ドットコム-

ロゴイメージ

東京、ロンドン間の飛行ルート

以前、東京、サンフランシスコ間の最短距離がアラスカをかすめるルートであることをご紹介しました。
さて、これもご存知の方が多いかと思いますが、東京とヨーロッパ、例えばロンドンを結ぶ最短ルートがどのようになっているかご存知でしょうか。

正解はロシアのシベリア上空を飛ぶルートです。その名も「シベリアルート」。

現在はシベリアルートがメインとなっているヨーロッパへのルートですが、シベリアルートの到達するまではいくつかの紆余曲折がありました。

1950年代、アジアからヨーロッパへ飛ぶルートは東南アジア、中東などを経由する南回りが主流でした。このルートだと赤道により近いルートとなるため、移動距離が長く、給油時間等、経由地の空港に着陸している時間を除いても20時間もの時間を要していました。

これに対し、最善のルートはシベリアルートということになるのですが、第二次世界大戦後は日本、アメリカ、ヨーロッパなど旧西側諸国の飛行機はシベリアルートを使うことができませんでした。

この時代、シベリア上空は旧ソ連の領空であったため、冷戦のさなかでは実質このルートを使用することは断念せざるを得ませんでした。

そこで開拓されたのが「北回りルート」です。

 

その他記事一覧はこちらから



世界の地球儀ドットコムホーム


地球儀まめ知識

メニュー

カテゴリー

デスクトップ式地球儀 床置き式地球儀

球径サイズ別

球径10~20cm球径30cm 球径33-40cm

ブランド別

リプルーグル フランク・ロイド・ライト ナショナルジェオグラフィック ステラノヴァ ムーヴァ その他

特 徴 別

山岳部立体突起 中世~近代の地球儀 自転する地球儀 浮遊地球儀 水晶地球儀






掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。